青色光(ブルーライト)の危険性 - ブライトライトME+

電話でのご注文・お問い合わせ
078-997-0287

青色光(ブルーライト)の危険性

冬季うつ病対策: ブライトライトME

光療法器具を扱っていると紫外線についてよく質問されます。
そして、最近になって青色光(ブルーライト)に関しても質問を受けるようになりました。

紫外線と青色光について、光療法との関連で正しくまとまった情報が集約されていなかったので、皆さんに多くの誤解や疑問を与えているようです。また困ったことに、これら紫外線と青色光を光療法に適用して誤った情報を提供しているホームページもあるので、余計に混乱を招いています。

結論から言うと、光療法に紫外線は厳禁です。必ず遮断して使用されなければなりません。そして、青色光に関しても、積極的に光療法に使用するべきものではありません。

青色光

青色光はLEDの発達に伴って議論がたかまり、ブルーライト研究会という集まりも創設されています。LEDは青色成分を多く含んでいるため議論されましたが、実際には蛍光灯でも色温度が高いと同様の危惧が発生します。

青色光は照度が低い時に他の色に比べて覚醒度を上げる効果はあっても、目の網膜への刺激が強く、自律神経を疲れさせる性質があるので、積極的に使用すべきものではありません。

  1. 強い青色光は、急性の網膜傷害を引き起こす。
    良質のサングラスは有害な青色光をカットしています。イチロー選手など有名スポーツ選手のサングラス等。
  2. 弱い青色光でも慢性的に浴びていると、加齢黄斑変性に至る可能性が報告されている。
    通常の生活をしていても加齢黄斑変性になる場合もあるので、特に強くない青色光でも慢性的に浴びていると悪影響がでる可能性があると言われています。
  3. パソコン、iPad、ゲームなどのLED画面も青色成分が多いので、目や交感神経が疲れやすくなる。
    実際に各レンズメーカーから青色光対策レンズが相次いで発売され、企業でも採用されはじめています。

色温度の高い光

蛍光灯でも、色温度が高い青色光を多く含むため上記と同様の危惧があります。光は色温度で色合いを表し、太陽光の色温度は日の出がおよそ3000K(ケルビン)、日中は6000K(ケルビン)程度で、曇りの日は7000K程度です。つまり3000K~7000Kくらいがおよその自然光の範囲です。

この自然光の範囲を大きく超えると、われわれが通常浴びている光よりも青色光を多く浴びることになります。海外の光療法器具を見ると、青色光の悪影響を考慮して色温度を4000K程度に低く設定した商品もあれば、青色光の悪影響を無視して10000~20000Kと極端に色温度を高くした商品もあります。最近の研究結果から考察すると10000~20000Kの商品は青色光を多く含むため安全性の面で疑問を感じます。ブライトライトME+の色温度は約6700Kで自然光の範囲です。

下記のページに様々の情報が説明されていますのでご覧下さい。そして、正しい知識とご理解を持っていただければ幸いです。

詳細情報
青色光網膜傷害
青色光の危険性 - 体内時計、青色光網膜傷害
目へのLED照明の青色成分の危険性
目への光の熱エネルギー負荷
ブルーライト研究会

ブライトライト専門店 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.