認知症・介護と光療法 - ブライトライトME+

電話でのご注文・お問い合わせ
078-997-0287

認知症・介護と光療法

認知症と光療法

高照度光療法は認知症の方の概日リズムを整える目的で適用されます。高照度光療法が認知症の治療に効果があるわけではありません。

アルツハイマー病や認知症患者では、不眠に限らず昼夜逆転現象、徘徊、興奮、せん妄等などの異常行動が見られます。こうなると本人の負担はもちろんのこと、家庭や療養所での介護は一気に重労働化します。

この症状の背景には脳の機能的な障害や衰弱があり、その結果、生体リズムの乱れとなって現れています。

認知症と介護: 昼夜逆転・夜間せん妄

アルツハイマー患者への対策は、昼間の活動量を増やしたり、人・社会との関わりを多くし、太陽の光を十分に浴びることが基本です。生体リズムを活性化して昼夜のメリハリをつくり、夜に睡眠を集中させるようにすれば、本人や介護者の負担を大きく軽減することができます。

そのため、介護施設の中には高照度光療法の設備が整っている施設があります。身体を自由に動かせない患者も多いため、光療法を積極的に使って効果を上げることが重要なのです。

認知症と光療法

ブライトライトMEも自宅で介護されている場合に使用されてます。特に自宅の場合は部屋の中が暗い場合が多いので、昼夜のメリハリをつけにくいのです。

ただ、高齢者の場合、生体リズムを構成する中枢機構自体(体内時計)の機能的な障害・衰弱症状がかなり進展している場合もあり、光療法の効果が得られにくい場合もあります。

体験談:
大変貴重な体験談のお便りをいただきました。是非ご覧下さい ...

詳細情報:
アルツハイマー型認知症患者の不眠・徘徊・介護

ブライトライト専門店 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.